2050年 再エネ比率50%超過を表明

資源エネルギー庁 総合政策分科会において2050年の電源構成について議論されている。

ようやく再エネを最大限に導入するほか原子力、水素エネルギーも導入することでカーボンニュートラルを目指すことを表明。

*原子力

正面突破の原発政策を」「原子力はあくまでも副次的な電源ではなかったか?」(橘川先生)

「事業者任せではなく国が前面にたたないと進まない」(杉本知事)

*水素

日本:水素自動車、燃料電池、水素プラントなどの技術力は、現在のところ非常に高いがコストが割高で国内でも普及が遅い。

機器に関する水素防爆仕様、高圧ガス保安法などの安全規制がコスト高の妨げにも。

欧米、中国:水素利用技術を積極的に開発しており水素の単価も10円代を目指している。

太陽光、風力発電ビジネスでは、追い抜かれてしまった日本メーカーも、水素エネルギービジネスでは、日本の基幹産業である自動車会社、電気メーカーなどを中心にエネルギービジネス、戦略的に普及できればいいのだが。

https://www.youtube.com/watch?v=lE0wLYieoMI&feature=youtu.be