URBAS社訪問中 日本の杉材にてテストを実施(ガス化発電工程)

dsc_1303

遥々国内杉材をオーストリアへ輸出、投入したところ

すぐに250kWが270kWに出力アップ!!

オーストリア材より杉固有の熱量、乾燥度合も上がりその分発電出力がアップしたものと思われます。国内杉はよりガス化発電向きであることが検証されました。

幾分本事業性も改善されよい結果が得られました。

今回は直接ユーザー、実機(mallitz 250kW 三菱エンジン)での試運転を実施。

ユーザー様:「年間稼働率96%、8400時間を達成」「トラブルすくなくよい装置だ」だと大変満足気でした。

国内導入検討ユーザー様の不安もより一層に払拭できました。

*この地産地消型小規模木質バイオマス発電事業は、

40円/kwhX8400hX250kW=¥84,000k/yearの売電収入が見込めます。

この内3,000t/yearのCD材ですので丸太1tあたり¥7,000として年間¥21,000kは燃料代となります。

温水500kWはチップ乾燥と残りは地域へ還元し地域熱供給、温水ハウス、高齢者施設、温泉などにご利用いただくことになります。

地産地消型小規模木質バイオマス発電事業は木のもつエネルギーの70~80%を有効利用できることになります。地球環境はもとより地域活性(林業、農業、水産などの一次産業も)、防災用ベース電源など他の自然エネルギーにはないより社会貢献できる事業となります。

 

 

%e7%99%ba%e9%9b%bb%e5%87%ba%e5%8a%9b%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97