日本は「化石賞」、オーストリアはエネルギー効率100%を超えるエネルギーセンターを導入し再エネを加速

日本は、またCOP25で不名誉な「化石賞」受賞してしまった。

この受賞を受けなければならないのは、お気の毒に日本で温暖化防止のため活動するNPO団体である。

世界は、再エネ導入を加速しているにもかかわらず、先進国である日本が、国連、グレタさんの忠告を無視し、石炭発電所、石炭発電所輸出ビジネスにこだわる。いずれ日本のエネルギーの8割を賄う石炭、LNGへの化石燃料関税が重荷になり日本経済が立ち行かなくなるのではないか? 世界大戦で巨大戦艦を造り続けた結果、敗戦につながったように、今回のエネルギー日本丸の舵取りも似通っていないか?石炭プラント輸出に望みつなげるしかない?他国が石炭を使わなくなると安価に調達できるかもしれないが、今後さらに石炭、LNGへの風当たりは強くなり、関税がかけられビジネスにならないのは確実。日本に、CCS技術などウルトラCがあればいいが期待薄。

資源のない日本のエネルギー問題は、大きなターニングポイントを迎えている

 

一方、オーストリアでは高効率な再エネをどんどん導入している。

*オーストリア、クラーゲンフルトCHPプラント

(URBAS社製、市中へ熱供給)

発電出力10MW el. 人口約10万人、エネルギー効率100%以上