日本の農村へは小規模木質バイオマス発電です。

弊社では、国内15年以上のガス化発電の経験を踏まえ、数年かけ海外視察を行いながら小型発電装置を目利きしました。その結果、日本の農村向けには、安定稼働、燃料は粗チップ、メンテナンス性がすべてクリアできる発電出力25okW(粗チップ、年間3,500t@50%WT、C材,D材)URBAS社製の発電ユニットが最適であると考えました。

今後は、国内の荒廃している森林を再生し、FIT発電事業、スマコミ事業として推進してまいります。弊社にご一報いただければ、発電装置のエンジニアリング以外にも、事業計画(燃料調達、資金繰りからメンテナンス)まで一貫したサポートを提供させて頂きます。

参考:)経産省ホームページより

小規模木質バイオマス発電装置に関して

http://www.meti.go.jp/committee/chotatsu_kakaku/pdf/018_02_00.pdf#search=’%E6%9C%A8%E8%B3%AA%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%9E%E3%82%B9%E7%99%BA%E9%9B%BB’