地域資源を利用するバイマス発電は、出力抑制の対象にはなりません

特に九州エリアなどで顕在化してきた太陽光発電の出力抑制、電力市場の発電量過多でスポット電力の暴落が問題となってきています。

小規模バイオマス発電は、農林水産省 農山漁村再生可能エネルギー法にて所在する市長村の認定をうけることで出力抑制の対象から除外され、また比較的少量の木材を利用することから20年間の安定した事業収益が見込めます。