和歌山県かつらぎ町スマートコミュニティ11月研究会

定例の研究会が行われました。

エネルギーマネジメントシステム(EMS)と地産地消型の再生エネルギーをいかに制御すればいいのかという議論を行いました。

とにかく現状は30分デマンドオーバーをなくすため(電力会社のペナルティー)のピークカット節電制御が主であるが今後は、送配電分離、完全自由化の規制改革が行われた後にユーザーニーズに合う新たな”再エネEMS”の構築が必要となると思われます。

facebook_1480074898209