和歌山 有田川町でURBAS社製900kW木質バイオマス発電装置が導入されます。

この度 シン・エナジー株式会社殿により和歌山県有田川町

URBAS社製900kW(450kWx2台)を導入いただくことになりました。

有田川町は、中山正隆町長が強いリーダーシップをもっており、職員も非常にバイタリティーがあり、社会福祉など住民サービスも充実しております。現在の自治体の中には消極的であったり、逆に慢心的なところが多くみられる中、有田川町は、模範的な自治体です。

また、再エネ導入にも積極的で町営の水力発電所を所有しており、H28年には資源エネ庁より新エネ大賞を受賞しています。FIT制度を利用していますが、収益は、地域ポイント、住民サービスの向上などに使われ住民へ還元されている。

今回は、地元林業家が、町内の未利用材を主に集材し、バイオマス発電事業を行うもので、温暖化問題をはじめ山林の保全、地域振興に大きく貢献できます。

今後、放置山林の問題を抱える全国の自治体において、本モデルが水平展開していくものと考えております。

 

 

URBAS社製ガス化発電装置は以下の特徴があります

①杉、ヒノキをガス化した時に発生するタール、クリンカを稼働中に自動的に除去するシステムが備わっております。このため定期的なガス化炉内の開放クリーニング作業等が必要ありません。

②発電機及び制御システムは、国産化を図っており、メンテサービスは国内対応が可能です。

③樹皮付きの丸太を10cm程度に切削するだけなので、加工代が比較的安価(チッピング、乾燥工程の電気代は400~500円/t、未利用材価格の変動にも対応可能。)