安定したバイオマス発電事業の運用には高い技術力とメンテナンススキルを有する新宮エネルギーにお任せください

新宮エネルギー株式会社
  • バイオマス発電の方式による違い
  • 木質バイオマスの利用動向
  • 木質バイオマス発電の導入支援
  • ガスエンジンの運用支援

ガスエンジンの運用支援

木質バイオマスで稼働する発電機のメンテナンスは、
都市ガス用に比べて難しく、稼働後にトラブルになることも。

問題

どんなトラブルがおこる?

どんなトラブルが起こる?

木質バイオマス由来の燃焼ガスは、クリーンな都市ガスとは違い、ガス中に不純物が多く含まれます。
また熱量も不安定であり燃焼性の早い水素も含まれます。
(水素=クリーンなイメージですが、ガスエンジンにとっては一番厄介な成分となります。)

よって、安定稼働を続けるには、制御システム、前処理、メンテナンスなどに高いスキルが必要となります

これは、発電事業者様にとっては高いハードルになります。

解決

トラブル回避するには

トラブルを回避するにはこれらのトラブルを回避し、安定した稼働を実現するには、ガス化エンジンのメンテナンスを専門とする業者のサポートをしっかりと受けることができれば、解決は難しい事ではありません。

トラブル回避のポイント
  • 発電機導入前の段階から、ガス化エンジンに詳しい業者の支援を受ける。
  • 稼働後も、ガス化エンジン専門業者適切なメンテナンスを実施する。

安定したバイオマス発電事業の運用ならお任せください

実績に裏付けられる確かな信頼新宮エネルギーの専門性と高い技術

私たち新宮エネルギー株式会社のエンジニアは、木質バイオマスのガス化より更に厄介な「廃棄物分解ガス化発電」のパイオニアである大阪ガスエンジニアリングで、15年という実績を積んできております。

木質バイオマスについても、チップのガス化プロセス(特にタール除去技術、安定稼働およびメンテナンス性)については、各メーカーについて評価・確認して選定してまいりました。

これらの経験を積んだ弊社のエンジニアは、木質バイオマスのガス化発電に必要な「高い技術力」と「メンテナンススキル」を有しており、導入の検討から稼働後のメンテナンスまで、しっかりとしたサービスを提供することができます。

高い技術力とメンテナンススキル高い技術力とメンテナンススキル

GEイエンバッハ(Jenbacher) ガスエンジン発電機にて運用やメンテナンスのスキルを蓄積

イエンバッハ製ガスエンジン
写真はGEイエンバッハ製ガスエンジン

GEのイエンバッハ ガスエンジンはバイオマス/バイオガス発電の分野では世界で累計1300MW以上の導入実績があり、木質バイオマスをガス化した発電設備はヨーロッパを中心に稼働しています。

発電機内部の空気とガスの圧力や温度をリアルタイムに計測しながら、ガスエンジンを最適な状態で運転することができ、この制御機能によって、都市ガスと比べて品質が不安定な木質バイオマスのガスでも高効率運転が可能となっています。
また、ガスエンジンで発電しながら熱も供給できるコージェネレーションシステムであり、木質バイオマス・ガス化発電に最適といえます。

特殊ガス&低カロリーガスでの運転実績世界No.1

国内でもイエンバッハガスエンジンは、特殊ガス(ゴミの熱分解ガスで水素を30%含む、約2,000kcal/Nm3)による高効率発電での実績もあり、開発から15年、東北地方では約13年間(90,000時間)の運転時間を達成しました。

私たちのエンジニアは、特殊ガスなどの難しい条件での運用実績をつんでおり、稼働中のガスエンジンのメンテナンス、改修、改善につきましても、フォローしていく体制が整っております。

ぜひご相談ください!

木質バイオマス・ガス化発電の導入をご検討の方、
お気軽にご相談ください。

お問合せはこちらから
ページの先頭に戻る